c0089722_11102184.jpg
≪佐賀県西松浦郡有田町≫

ゴールデンウィークには陶器を買い求める人で埋め尽くされて賑やかなここは、平日に訪れると美しい静かな町です。
陶器屋ののれんをくぐり、裏通りのトンバイ塀(登り窯の廃材を利用して作られた塀でこの地方特有のもの)に沿って進み、丘の上から窯の煙突を眺めた往復12キロの散歩も、飽きることなくあっと言う間に終了。
そんな町の写真を12ページに収めて豆本にしました。
巻頭に“異人館”のポップアップを添えています。

サイズ:6.5×9㎝
[PR]
c0089722_112584.jpg
≪大分県臼杵市≫
フンドーキンのコマーシャルに魅せられて訪れた臼杵は小高い城の裾に広がる城下町でした。
武家屋敷の並ぶ坂道、味噌や醤油屋の並ぶ商店街、酒蔵のある路地などどれも美しく保たれています。すばらしい流線を描く寺の大屋根も印象的でした。

12月の午後の写真を12ページに収めています。
巻頭に三重塔をイメージしたポップアップを添えました。

サイズ 6.5×9㎝。
[PR]
c0089722_11175678.jpg
≪福岡県うきは市吉井町≫

天領日田と久留米を結ぶ豊後街道の中ほどにあり、宿場町として栄えたところです。
訪れた秋、町は大火に備えて作られたという水路の水音と、至るところに植えられた金木犀の香りに包まれていました。
美しい家並みはどこまでも続き、細い路地を行ったり来たり・・
白壁の町探索の第一歩は、この吉井町からスタートしました。

あいにくの曇り空でしたが、写真を12ページに収めてみました。
巻頭に商家のイメージのポップアップを添えています。

サイズ:6.5×9㎝。
[PR]
c0089722_22321344.jpg
c0089722_2232258.jpg
c0089722_22323840.jpg
八女市の中心部に、江戸~昭和初期の伝統的町家が80棟ほど連なっています。
ちょうど、雛祭りに向けた準備中で、たくさんのお雛様を見ることができました。
[PR]
c0089722_2229817.jpg
c0089722_22291889.jpg
c0089722_22292882.jpg
焼物で有名な佐賀県有田町。
陶器だけでなく、4~5キロに渡り道路の両脇に軒を連ねる商家も美しいところです。
一筋入り込むと、登り窯を解体した後のレンガや陶片を赤土で固めた土塀や窯元があり、この日は往復10キロの道程を、飽きることなく楽しむことができました。
[PR]
c0089722_22265556.jpg
c0089722_2227949.jpg
c0089722_22272247.jpg
臼杵=石仏、としかイメージできなかった私は、フンドーキンのコマーシャルで唐十郎が走り回る町並みを見てびっくり。そんなに美しい所だったの~!
そして週末には唐十郎と同じ場所に立ってみたのでした。

 ※後日談
 時を同じくして、同社のキャンペーンに応募していました。
 そして、応募したことも忘れかけたクリスマスイブの宵、宅配便のオニイサンに変装したサンタさんがプレゼントを運んで来たのです。
 『おめでとうございます!』の言葉と共に届いた醤油『世界一』。
 フンドーキン様、ありがとうございました!
 お礼の言葉をお贈りする術を知らないので、ここで申し上げておきます。
[PR]